1月11日(火)は最強・最高の開運日!
ITTI(イッチ)オフィシャルサイト
2831
post-template-default,single,single-post,postid-2831,single-format-standard,stockholm-core-1.2.1,select-child-theme-ver-1.1,select-theme-ver-5.2.1,ajax_fade,page_not_loaded,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive

1月11日(火)は最強・最高の開運日!

1月11日(火)は、「一粒万倍日」と「天赦日」が重なる最強・最高の開運日!


何か物事を始めるにとても縁起の良い日があるのはご存知ですか?

2022年1月11日(火)は、「一粒万倍日」と「天赦日」が重なる最強・最高の開運日です。

一粒万倍日とは、「一粒の籾(もみ)が育って万倍にも実り稲穂なる」という意味があり、物事をスタートさせるのに縁起の良い日とされています。

また、天赦日は、日本の暦の上で、最高の吉日とされており、「天が赦(ゆる)す日=万物の罪を赦す日」という意味から、この日から始めたことは何事も成功すると言われています。

2022年1月11日(火)は、お財布の購入や使い始めはもちろん、新しい事をスタートするのにこれ以上ない最良の吉日です。

この機会にお財布を新調してみてはいかがでしょうか。

RECOMMEND ITEMS

金運アップといえば、 “Crocodile(クロコダイル)”の財布。

クロコダイルは、「一度、掴んだら二度と離さない」という習性があります。

「一度掴んだお金を離さない、お金を吐き出さず、しっかりと守り蓄える」という意味で風水的に捉えられており、クロコダイルの財布は金運をアップさせると言われています。

そこで今回は、ITTIの代表的なレザー “Crocodile”を使用した財布をご紹介致します。

<CROCO>
メゾンと提携し高品質なエキゾチックレザーを供給する仏 HCP社の下地を使用し、国内で仕上げたクロコダイルを採用。また、いわゆる贅沢取りで裁断はせず、あくまでクロコダイルの全体の雰囲気や空気感を感じられるよう端から端まで余さず取り切るため、使用シーンを想像しながら、デザイナー自ら裁断を行なっています。

CRISTY WLT SHOULDER / CROCO
Price _ ¥60,500

バイカーウォレットをベースに、まったく新しい形に仕上げた蛇腹タイプの財布を、ショルダーバッグとして進化させたアイテムです。クラシカルなヒネリ金具や上品なコバ仕上げ、ミニマルなデザインで、類を見ない空気を纏ったアイテムに仕上がりました。常に触っていたくなるような絶妙なサイズ感も特徴で、コーディネートに溶け込みながらも、しっかりスパイスとして活躍してくれるアイテムです。

VIEW MORE

ITTI定番のMIDタイプウォレット。よく見られる長財布よりも高い収納力を誇りながら、デニムパンツなどのバックポケットにも入るよう設計。通帳が縦に入るサイズを担っていることも魅力の一つです。カード段の下に隠れたコインポケットは、ボックスと言われる、しっかり開きコインの見やすいタイプを採用。

VIEW MORE

CRISTY VERY COMPACT WLTに続き、愛用者の増えてきている、なじみよいサイズ感のSMART MID WLT。スマホのようなサイズ感が、どことなく現代人を安心させてくれるこのモデルは、COMPACT WLTよりも、領収書などを整理したい方には特におすすめのアイテムです。いくつも装備されているポケットが、個人個人の使い方によってフィットします。

VIEW MORE

代表作 CRISTY VERY COMPACT WLTのきっかけとなったコインケースを財布として使っている方々をオマージュして仕上げたアイテム。ウォレットと名づけられた通り、詰め込むことを想定した作りで、内装はカードがより多く入るよう設計し、取り外し可能なキーリングも付いた機能アイテムです。ギャルソンタイプコインポケットを搭載し、通常のコインケースに比べ、見やすさも向上しています。

VIEW MORE

代表作 CRISTY VERY COMPACT WLTのきっかけとなったコインケースを財布として使っている方々をオマージュして仕上げたアイテム。ウォレットと名づけられた通り、詰め込むことを想定した作りで、内装はカードがより多く入るよう設計し、取り外し可能なキーリングも付いた機能アイテムです。ギャルソンタイプコインポケットを搭載し、通常のコインケースに比べ、見やすさも向上しています。愛着の湧く、ころんとした手持ち感も特徴です。

VIEW MORE
戻る